都城 オーガニックマルシェ モノボン
  1. モノマガ
  2. ピックアップ
  3. モノポンLINEスタンプ第2弾 前編
モノポンLINEスタンプ第2弾 前編

モノポンLINEスタンプ第2弾 前編

ピックアップ 2019.05.17

モノポンLINEスタンプ第2弾 制作開始!

モノボンの公式キャラクター「モノポン」のLINEスタンプ第2弾の制作が決定しました!

満を持してリリースした前回の「モノポンLINEスタンプ第1弾」ですが、
販売数はわずか10個・・・。

で、その10個は弊社の社長が関係者にプレゼントしたとのコトで、
事実上1人しか買わなかったという散々な結果に終わりました。

「全然人気が無いね。とんだタヌキだ」

と呆れる著者もスタンプを買ってないワケですが、
リリースする以上、売れてほしいという想いは1ミリくらいあります。

というワケで、モノポンの作家「M」と第2弾スタンプについてミーティングしました。

売れるスタンプとは?を考える

M: 前回のスタンプは数も少なかったし、使いどころがよく分からなかったのがダメだったと思います!
そこを改善するべきです!

コイツ(作家M)も何だかんだ言って第一弾スタンプを買ってない

そんな邪念が付きまとう中、さすがは曲がりなきにもモノポン作者。
今回のスタンプは売れてほしいという情熱が伝わります。

M: 自然な会話の流れで使える、利便性の高いスタンプが売れると思います!

確かに、トロッコに乗った緑のタヌキのスタンプを使う機会は、生きてるうちに巡ってこないでしょう。

トロッコに乗ったモノポン

言い訳クサくなりますが、前回の第一弾スタンプは「モノボン」のWEBページ用に作られたイラストが「もったいない」という所からリリースに至った経緯があります。

「売れなくて当然」「売れたら儲けもの」
この程度の熱量でLINEスタンプをリリースした自分。

「みんなに使ってもらえるスタンプを!」「少しでも売り上げを出したい!」
と意気込むMさんを目の当たりにすると、自分が情けなくなりました。

そんな情けない想いも「結局コイツ(M)も第一弾スタンプを買わなかった」という事実で瞬く間に薄れていきましたが、
今回は「売れるスタンプ」=「使いやすいスタンプ」という路線で制作します。

バリエーションに勝機あり

─ 使いやすいスタンプ

冷静に考えると、当たり前すぎる答えにようやく辿り着いた我々は、前回の反省点を振り返ることに。

反省点:利用するシーンが無い

第一弾 モノポンスタンプ

上記の8点が、前回の第一弾スタンプです。
「いつ使うの?」ってスタンプばかりです。

LINEスタンプといえば、
「おはよう」「こんにちは」「おやすみ」といった「あいさつ用途」、
「OK」「了解」「ダメ」といった「返事用途」
「飲みに行こう」「待ってるんだけど」「電話して」といった「行動別用途」などなど、
LINEのやり取りの中で「自然に使える」というのが大切なポイントのようです。

第2弾スタンプはそういったニーズを意識したスタンプをリリースしたいと思います。

反省点:数が少ない

LINEスタンプは「8個」「16個」「24個」「32個」「40個」と1セットあたり8の倍数個を登録でき、1セット「120円」が最低価格として設定できます。

他のクリエイターさんのスタンプを見ると「32~40個で120円」が相場のようです。
対する我々の第一弾スタンプは8個で120円・・・。

完全にぼったくりじゃねぇか!

使えない上に8個で120円という「売れなくて当然」な状況にあったようで、
売れるスタンプの条件として「1セット32個以上」は外せないようです。

しかし、作家のMさんも忙しい中、大量のイラストを描いてもらうのも申し訳ないと思った矢先

M: 第2弾は40個のスタンプを作ります!
いろんなシーンで使えるバリエーション豊富なモノポンを描いてみます!

マジかこの人・・・。やる気が満ち満ちてる。
どうやら、今回は全てMさんにお任せした方が良さそうです。

という訳で、次回はバリエーション豊富な40個のスタンプのリリースをご報告させていただきます!

どうか、ご期待ください!

ゴールデンウィークの休業日について 次の記事
モノポンLINEスタンプ第2弾 後編 前の記事